リスティング広告は代行業者に任せよう|プロの知識と技法を駆使

ウーマン

通常業務でも外部委託

背広の人

外部委託を利用すること

企業における総務部門は、多くの業務を担当することになり、その守備範囲がかなり広いのですが、この総務部門にもアウトソーシングの流れが来ています。アウトソーシングつまり外部委託するためには、その業務範囲をはっきり定義して、アウトソーシング業者と契約する必要があります。この業務範囲をはっきりさせることが、総務部門では難しかったのですが、アウトソーシング業者もノウハウが蓄積され、あらゆるニーズに応えられるようになっています。これはアウトソーシング業者に、どのような総務の仕事を委託させるかによって、その業者の得意分野にマッチしているかどうかをまずは確認する必要があります。ある業者では、電話や来客応対とか、社内メールや宅配便などの業務を専門にするところもあれば、給与計算や経理事務などを得意にするところもあります。また総務の業務の中には、自社の不動産や設備などの資産管理をしているところもありますが、こういった業務も対応できるのです。ここで実際に総務の仕事を、アウトソーシング業者にお願いするときには、どの業務を任せるのか、社内の業務内容もよく把握したうえで、判断すべきなのです。そのためにはいったん自社内で、総務の仕事を棚卸して、内容を精査してから平準化してみるのが一番良い方法です。こうして平準化することで、アウトソーシングできる業務でかつ、コスト削減ができるような業務を外部に委託するようにすればよいのです。